yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【球場で生観戦!行き方は?】ブリスベンバンディッツを応援しに行こう【プロ野球】

オーストラリア生活録

オーストラリアブリスベン本拠地にするブリスベンバンディッツ。

ブリスベンにたるプロ野球チームでオーストラリアベースボールリーグに所属しています。

今回はブリスベンバンディッツへの行き方とチケット料金、球場の様子をご紹介します。

ブリスベンバンディッツとオーストラリアのプロ野球の基本情報はこちらをご覧ください。

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

【球場で生観戦!行き方は?】ブリスベンバンディッツを応援しに行こう【プロ野球】

ブリスベンバンディッツ球場への行き方

ブリスベンバンディッツの本拠地は Newmarket ニューマーケットという地域に位置し、バスで20分ほどで行くことが出来ます。

電車でも Newmarket 駅から10分ほどの距離にあります。

車で来る場合は路上駐車をするか狭いですが専用駐車場、もしくは外野席付近にも止めることができますが、ホームランボールやファールボールが飛んでくる可能性があるので自己責任で場所を選びましょう。

自分はいつも路上駐車をして少し歩いて球場まで向かっています。

観戦チケット料金

一般チケットは$20(2017現在)でした。
球場は小さく外野席はありません。

一般チケットで内野席のいい位置から観戦することが出来ます。

シーズンが近くなると公式HPで販売が行われるのでチェックしてみてください。
>>>ブリスベンバンディッツ公式サイト<<<

飲食も充実! 軽食やビール販売・屋台もある!

球場ゲートを入るとお祭りの屋台のように飲食販売のテントがいくつかあります。

種類は様々で日本食の屋台を出している方もいます。

オーストラリアはマーケット文化が盛んなので朝一マーケットなどで出されている屋台と似たようなものです。

球場専属の軽食販売店はバックネット最上段にあり、そこでビールやホットドックの販売もしています。

電光掲示版がない!日本の地方球場より設備は悪い!

球場には電光掲示板がないのです。
1回から9回までの細かなスコアボードや出場選手が書かれた打順表もありません。

選手の名前が分からないので戸惑いましたが今はインターネットがあるので公式サイトに載っている打順を見るようにしました。

試合前、普通に選手と会える

球場の隣にあるクラブハウスに選手控え室があるのですが、そこから試合前に球場へ移動するときに普通に選手に会うことができます。

球場で言うと外野付近なのですが、駐車場に車を止めて入り口ゲートまで歩いているとあまりにも普通に選手が移動していたので最初は驚きました。

体格の大きい選手が目の前に突然現れましたから。

ファンが殺到する!みたいな事はない普通の光景のようです。

試合後はファンとの交流!写真も撮ってもらえる!

試合後は外野グランドに出て選手とファンが交流することができます。サインや写真もお願いすれば快く引き受けてくれるのでファンにとっては嬉しいですね。

こちらの選手はオーストラリア代表でもある「ローガン・ウェイド」選手。
ベテランのショートプレイヤーです。

こちらは台湾代表にも選ばれたことのある「 林智勝 」選手。
現在はブリスベンバンディッツに所属していないみたいです。

ブリスベンバンディッツのオーナーです。
なかなかイケイケな人で「日本人選手もっと呼んでねー!」
って話をしておきました。

なにやらオーナーは「牽引」会社の社長さんらしいです。
球場の看板にもありますが「Ready Towing」というのがそれ。
オーナーがReadyさんです。

実際のグランドに立つことも嬉しいことでひとしきり交流を終えると、子供たちはそこでキャッチボールを始めたりします。

日本ほど厳しくないセキュリティなのでファンと選手の距離も近くていいですね。

ブリスベンバンディッツは強いチームでほかの球団より盛り上がるようなので初めてでも楽しいかも!
日本人の観客も結構います。

日本人でブリスベンの硬式野球チームに所属している方も多いみたいですね。

年パスみたいなのもあるので何回も来れる方は利用してみてください。

オーストラリア関連の記事も随時更新中!こちらもチェックしてください!

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

コメント