【クイニョン観光(ベトナム)】行き方と見どころ・おすすめホテル紹介

ベトナム旅行

ベトナムのクイニョンはどこにあるの?どのような観光スポット?
クイニョンへの行き方と観光スポット、おすすめのホテルなど詳細情報を知りたい!

このような疑問にお答えします。

✅本記事の内容

クイニョン(ベトナム)への行き方
クイニョンの観光の見どころ
クイニョンの観光モデルコース
クイニョン滞在におすすめのホテル

クイニョンはベトナム中部と南部の間に位置する、のどかな田園風景と綺麗なビーチが楽しめる町です。

海に面したクイニョンは、かつては農業と漁業を中心とした町でしたが、近年ではリゾート地としての発展を見せ、サービス産業と観光業に力を入れています。

観光地としてはまだ開発途中であるクイニョンですが、夜になると町中には多くの人で賑わいます。

今回はそのベトナム・クイニョンへの行き方と観光の見どころ・おすすめホテルについて解説していきます。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大50%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

エアトリ
日本旅行

詳しくは、「各旅行予約サイトの特徴とサイトごとのメリット」でも解説しています。

【ベトナム観光】クイニョンへの行き方(ダナン・ニャチャン発)

クイニョンまでは統一鉄道で行くことができます。

最寄り駅は「Ga Diêu Trì」で、駅からクイニョン市内へはタクシーかバスでの移動となります。

駅周辺からクイニョン市内へのローカルバスが運行していますが、配車アプリ「GRAB」と使っての移動をお勧めします。

「GRAB」のバイクタクシーで駅からクイニョン市内まで48000ドンでした。

クイニョン駅で「市内へのバス停はどこか」と駅員に尋ねるとタクシーしかないと言われ、タクシーは150,000ドンと吹っ掛けてきます。

また、ローカルバスはクイニョン市内のどのバス停に停まるか定かではないので「GRAB」が確実です。

【クイニョン観光】市内地図

クイニョンの町は大きいので歩いて観光することはできません。

細かくタクシーを使うか、周辺の観光もあわせてレンタルバイクを手配した方が良いでしょう。

町は「Quy Nhon Squareクイニョンスクエア」を中心として栄えており、歩いて行ける範囲に飲食店も並んでいます。夜は若者が多くこの辺りが賑やかです。

ホテルは上記オレンジで囲んだエリア内で探すことをお勧めします。

ダナンからクイニョンへの行き方

ダナンはベトナム中部最大の都市で、日本からの直行便も運航しています。

ダナンからクイニョン(Ga Diêu Trì駅)までは電車で6時間ほどです。1日6本ほど運航しています。

ダラット~クイニョン〈運賃〉
通常ソフトシート:158,000ドン
寝台シート:225,000~320,000ドン

ベトナムの電車時刻は統一鉄道公式サイトで検索できます。
(スペルはda nangダナン、Dieu Triで検索)

ダナン・ホイアンの観光の見どころはこちらの記事で詳しく解説しています。

ダナン~クイニョン間は寝台シートが快適

ダナン~クイニョン間は6時間の長い移動です。なるべく快適に過ごせるように寝台シートの利用をお勧めします。

通常シートとは300円~750円ほどの差額です。深夜の移動でなければ寝台シートは空いています。

ニャチャンからクイニョンへの行き方

ニャチャンからクイニョン(Ga Diêu Trì駅)までは電車で4時間15分ほどです。1日6本ほど運航しています。

ニャチャン~クイニョン〈運賃〉
通常ソフトシート:139,000ドン
寝台シート:165,000~208,000ドン

ベトナムの電車時刻は統一鉄道公式サイトで検索できます。
(スペルはnha trangニャチャン、Dieu Triで検索)

ニャチャンの観光の見どころはこちらの記事で詳しく解説しています。

ダラットからクイニョンへの行き方

ダラットから陸路でクイニョンへ行くには、ニャチャンまでバスで移動してから統一鉄道に乗り換えるしかなさそうです。

ダラットの観光の見どころとニャチャンまでの移動方法はこちらの記事で詳しく解説しています。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

【クイニョン(ベトナム)】観光の見どころとモデルコース

ここまでは、クイニョンへの行き方について解説してきました。

ここからは、クイニョンの見どころと観光モデルコースについて解説していきます。

クイニョンの見どころと観光モデルコースは下記です。

✅クイニョンの見どころ・オススメ観光スポット

  • Twin Towers(ツインタワー)
  • Long Khanh Pagoda(ロングカーンパゴダ)
  • 記念碑(モニュメント)
  • クイニョンビーチ

✅クイニョン観光モデルコース

クイニョンの見どころは、チャンパ王国時代のビンディン遺跡群や寺院、クイニョンのビーチなどです。

海に近いホテルに宿泊してのんびりしたり、ローカルエリアで買い物などを楽しみましょう。

外国人が多く訪れる町ではないので、町中で英語のやり取りはほとんどできないです。

では、クイニョンの見どころをそれぞれ解説していきます。

【チャンパ王国】ツインタワー

ツインタワーは、かつてチャンパ王国の時代に造られたビンディン遺跡群の一つです。

古代のチャム人による独特の建築様式で各塔には独自の美しさがあります。

【クイニョン最大の仏教寺院】ロングカーンパゴダ

ロング・カーン・パゴダはクイニョンで最大の仏教寺院です。

高さ17メートルの大きな仏像があり、非常に壮観な雰囲気を醸し出します。観光客は少ないですがクイニョンに行ったら立ち寄っておきたいスポットです。

【クイニョンの中心地】記念公園

記念公園はクイニョンの中心部に位置します。

中央にあるモニュメントは、ホーチミンとその父親の歴史的な別れが描かれています。

クイニョンビーチ

クイニョンビーチはクイニョンにあるメインビーチです。

クイニョン滞在におすすめのホテル一覧

リゾート地として開発が進んでいるクイニョンは、低価格でも高級感が味わえるホテルが立ち並んでいます。

海沿いエリアでオススメのホテルをピックアップしました。

クイニョンでオススメのホテルは下記です。

Anya Hotel Quy Nhon
➡口コミ評価が高い・2人部屋で6000円ほど・高級ホテルエリア(モニュメントから南に1㎞ほどの距離)

Money Fine Quy Nhơn
➡2つ星の評価が高いホテル・2人部屋で3000円ほど・高級ホテルエリア(モニュメントから南に1㎞ほどの距離)

Dramatics
➡ 評価が高い・ドミトリー部屋900円ほど・(ビンジンビーチ・モニュメント近く )

5 Elements Hostel
➡評価が高い口コミが多い・ドミトリー部屋600円、2人部屋で2200円ほど(モニュメント近く )

Tu Casa hostel
➡評価が高い口コミが多い・ドミトリー部屋500円ほど(モニュメント近く )

Oroblanco Hostel
➡評価が高い口コミが多い・ドミトリー部屋500円ほど(モニュメント近く )

LaCas Hotel Quy Nhon
➡ 評価が高い・ドミトリー部屋600円、2人部屋で1800円ほど
(モニュメントから南に2㎞ほどの距離)

▼そのほかの、クイニョンのホテル検索はこちらをどうぞ。

【クイニョン観光(ベトナム)の行き方と見どころ】まとめ

クイニョンは開発が進んでいますが、まだまだ観光地としては発展途上にあります。現在は、ベトナムのローカルの雰囲気を残しつつ、チャンパ王国の遺跡などが楽しめる観光スポットです。

鉄道駅から市内が離れていることと、クイニョン行きの長距離バスがないのが難点です。ニャチャンの町から日帰りで観光に訪れる方もいるようです。

クイニョンの夜は記念公園周辺が賑わっていて、特にベトナムの若者が多くいるイメージでした。

時間があれば是非クイニョンへ立ち寄ってみてください。

今回は以上です。クイニョン観光の参考になれば幸いです。

✅【関連記事】ベトナム観光

自宅で英会話を学びたい方へ!

オンライン英会話は、自宅で自分の好きな時間に英会話レッスンを受けられる超便利なサービスです!
レッスンはいつでも受講可能で、英会話教室よりも断然安い!

費用は月5,500〜12,000円程度で、毎日25分のレッスンが受けられます。無料体験レッスンをうまく活用してお得に英会話レッスンを受けてみましょう!





この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【インスタグラム】にて絶景写真を公開中!フォローはこちらから▼
YOCHI(よっち)

海外渡航歴8年・世界一周経験者
24歳まで海外渡航歴ほぼなし
→世界41か国制覇
【戦歴】
西ヨーロッパ周遊
東ヨーロッパ縦断
イスラエル ・ヨルダン
アメリカ西海岸縦断
アメリカ・カナダ主要都市制覇
イギリス・スコットランド縦断
ニュージーランド縦断
英語圏の国・全制覇
オーストラリア東側縦断
ベトナム南北縦断
日本バイク縦断

現在は日本で生活。
海外の旅行の仕方をゆるく発信しています。

ベトナム旅行
オレンジ日誌