\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

ハワイで人気のマラサダドーナツ!揚げパンとの違いとは?人気店レナーズも紹介

アメリカ大陸横断旅行記

ハワイで人気があるマラサダドーナツ。ワイキキを歩いているとマラサダドーナツを販売している露店をよく見かけます。

「揚げパン」のように見えるマラサダドーナツは、ポルトガルの伝統料理です。

パン生地を油で揚げ、グラニュー糖をまぶして作られたもので、1878年にポルトガル移民がハワイへ来たときに持ち込まれたと言われています。

今回はそのマラサダドーナツと揚げパンの違いについてと、ハワイで有名なマラサダの専門店「レナーズ」へ行ってみたのでご紹介します。

▼ハワイ旅行のプランがまだ決まっていない方はこちらの記事を参考にどうぞ。

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

ハワイで人気のマラサダ|ドーナツ・揚げパンとの違いとは?

ハワイで人気のマラサダドーナツは、日本でなじみのある「揚げパン」と違いがあるのでしょうか?

揚げパン・ドーナツ・マラサダの違いとは?

パンは強力粉、砂糖、油脂、塩、水など混ぜた生地をイースト菌の発酵の力で膨らませ、オーブンで焼いたものです。

そして「揚げパン」は、日本では一般的にコッペパンを油で揚げたものに砂糖をまぶしたものをいいます。

一方、「マラサダ」はイースト菌で発酵させた卵大のパン生地を油で揚げ、グラニュー糖をまぶして作られたものです。※「チュロス」も同様の作り方。

またドーナツは、バターや卵を加えた小麦粉生地を甘く味付けし、油で揚げた食べ物です。生地はベーキングパウダーを混ぜて膨らませます。

ちょっとややこしいですね。揚げパン・ドーナツ・マラサダの違いを簡単にまとめるとこのようになります。

揚げパン・ドーナツ・マラサダの違い

  • パン生地(イースト菌で発酵)➡オーブンで焼く➡油で揚げる➡揚げパン
  • パン生地(イースト菌で発酵)➡油で揚げる➡マラサダ
  • 小麦粉生地(ベーキングパウダーで膨らます)➡油で揚げる➡ドーナツ

小麦粉を油で揚げる工程から、マラサダはドーナツに近い食べ物です。

ポルトガルの伝統料理「マラサダ」

マラサダはハワイに根付いているポルトガルの伝統料理ですが、ポルトガル本国では「マラサダ」は別の食べ物にとって代わったため、知名度は低くなりました。

ポルトガル人がマラサダを作っていたのは宗教上の理由があります。

ラードや砂糖を1か月以上禁じられる時期があるため、食材を使い切ることが目的でマラサダが作られていました。

なので伝統的なマラサダには穴も具もありません。

今では現代風にアレンジされて様々な種類のマラサダが楽しめるようになりました。特にハワイでは、中にクリーム等が入ったマラサダが人気です。

Making Leonard's Malasadas

▲こちらは、ハワイで人気のマラサダのお店「レナーズ」のオーナーが、ハワイのテレビ番組にてマラサダの作り方を説明している動画です。※すべて英語です。

関連図書



kindle unlimitedを活用して旅行ガイドブックを無料で購読!

kindle unlimitedは、「るるぶ」や「まっぷる」などの旅行ガイドブックが月額980円で一部読み放題です。ガイドブックを1冊買うよりも断然お得!

最初の30日間は無料でお試しできるので、旅行中だけ契約して旅行後に解約しても問題ありません。電子書籍はお持ちのスマホやタブレットで購読できます。

✔ガイドブックを買うより安い
✔30日以内の解約なら一切お金はかからない
✔いつでもキャンセル可能
✔旅行先に書籍を持ち運ぶ必要がない
✔読み放題対象書籍は200万冊以上

詳細は➡kindle unlimited公式サイト

\30日以内の解約ですべて無料!/

✔初回30日間無料
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

ハワイで人気のマラサダ専門店「レナーズ」

では、ここからハワイで人気のマラサダ専門店「レナーズ」についてご紹介します。現在はハワイだけでなく、日本にも進出した人気店です。

ポルトガル系ハワイアンのレオナルド・レゴさんが創設し、現在のマラサダ人気のキッカケになりました。

マラサダ専門店「レナーズ」への行き方

マラサダ専門店「レナーズ」は、ワイキキから少し離れた場所にあるのでローカルバスか車で行くのが一般的です。お店の前には駐車場があります。

ワイキキから歩いても行けますが、40分ほどかかります。

ローカルバスは、「Kuhio Ave」から13番のバスに乗って20分ほどです。

マラサダ専門店「レナーズ」のメニュー

レナーズのマラサダは、プレーンが$1.3。パフの中にカスタードクリームなどが入ると$1.65です。

パフの中には、カスタードのほかに、チョコレートやココナッツ、マカダミアナッツなどから選べます。

また、レナーズでは「マラサダ」のほかにもケーキやパイ、クッキーなども販売されています。

メニューに関しての詳細はこちらの公式サイトをご覧ください。

どんな味?レナーズのマラサダ

今回、自分はプレーンのマラサダとカスタード、チョコレート味を購入しました。

マラサダは、外はカリっと中はふわっとした食感。パン自体には甘さがなく、外側の砂糖が程よい甘さです。

食感も味も揚げパンに近かったです。ポルトガル版の揚げパンという感じ。

レナーズは紙袋もおしゃれです。おやつやパーティーなどに持って行くと喜ばれそうです。

▼レナーズではおしゃれなバックも販売されています。

また、通販では冷凍のマラサダが販売されています。調理方法は、電子レンジで1分温めるだけ。朝食やおやつにぴったりのマラサダがお手軽に楽しめます。


クリームやアイスを加えてオリジナルのマラサダを作っても良いですね。

日本にもあるマラサダ専門店「レナーズ」

日本にも店舗展開している「レナーズ」。お店は横浜ワールドポーターズ内にあります。赤レンガ倉庫の近くです。

横浜を訪れた際には立ち寄ってみてください。

今回は以上です。マラサダとドーナツ、揚げパンの違いを知ってマラサダドーナツを食べてみてください。

✅ハワイ・ワイキキのホテル検索はこちらから

【関連記事】ハワイ旅行