【海外旅行の悩み】町歩き用カバンに「リュック」オススメする理由

旅行準備

海外旅行では町歩き用カバンに何を持っていくか悩みますよね?
カバンに対して利便性や収納性など求める優先順位は人ぞれぞれですが、海外旅行初心者にとっては「安全性」を重視したいはず。

旅行先での荷物が多いので自分は必然的にリュックサックを使用しますが、安全性においてもリュックサックが一番です。

ネットではよく「リュックサックは危険だ!」という記事を目にします。これについていつも「納得いかないなぁ」と思っていました。

なぜなら今まで自分が海外にいた8年の間、一度もリュックサックを利用したことが原因のトラブルに遭ったことがないからです。

運が良かっただけかもしれませんが、自分ではリュックサックが安全であると自信を持っています。今回は海外旅行でなぜ町歩き用カバンにリュックサックをオススメするのか、個人的に思う理由と安全性についてご紹介します。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大50%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

エアトリ
日本旅行

詳しくは、「各旅行予約サイトの特徴とサイトごとのメリット」でも解説しています。

【海外旅行の悩み】町歩き用カバンに「リュック」オススメする理由

▼リュックサックをオススメする主な理由はこちら。

  • リュックは収納性に優れている
  • 工夫次第でスリに狙われにくくなる
  • 旅慣れた外国人もリュックを使用している

ではこれらをくわしく解説していきます。

リュックサックは収納性に優れている

自分は海外旅行の際に以下のものを持ち歩いていました。

  • パスポート
  • 一眼レフカメラ
  • Go pro7
  • 予備バッテリー
  • 服(必要に応じて上着など)
  • 飲み物・食料(必要に応じて)
  • 旅先でもらった地図などの紙類
  • 各種医療品
  • サングラス

一番大きい荷物は一眼レフカメラ。場合によっては別のレンズも持ち歩いています。このほかに現地で買い物をしたらリュックに収納していました。

自分は「使いたいのに部屋に置いてきてしまった!」という状況を嫌うので、荷物はいつも多めでリュックは重かったです。

海外旅行でこれらの荷物をカバンに詰めるとしたら自分としてはリュックしか選択肢はないですね。一眼レフがなければもう少し小さめのカバンでもよさそう。でも現地で買ったものを収納できないのはマイナスです。

リュックは工夫次第でスリに狙われにくくなる

ここからリュックサックを使って安全に旅を進める方法をご紹介していきます。

海外旅行で一番最悪なトラブルとして「カバンを盗られた」「カバンから貴重品を盗まれた」などがあります。いわゆる「スリ」に遭ったというケース。

自分はイタリアでスリの被害に遭いかけた経験があります。

スリの被害に遭わないように万全の対策をしておけばリュックでも安心です。

簡単に開けられない位置に貴重品を収納すべき!

スリはまずチャックを開けようと狙ってきます。ですが無差別にチャックを空けようとしません。リスクを抑えるために確実にありそうな場所を狙います。

  • ポケットの多いリュックサックを使用する
  • 空けやすい場所にはいらないものを収納する

これらを心がけるとリュックサックを見て「開けにくそうだな」と思わせることができ、スリのターゲットから外れます。警戒をしている意思表示になりますね。

ポケットの多いリュックサックを使用する

カバンを見て貴重品の位置がわからなければスリに狙われる確率は下がります。

収納ポケットが多い▶貴重品がどこかわからない▶むやみに手出しできない

空けやすい場所にはいらないものを収納する

スリに狙われやすいリュックサックの前ポケット。ここには貴重品を入れず、盗られてもいいものを入れておきましょう。自分は薬やポケットティッシュ、パンフレットなどを入れていました。

CHECK

貴重品はメインの収納口の奥底に沈めておきましょう

貴重品は小物にまとめてカバンの奥底に沈め、その上から上着などを入れて取りにくくしておきます。

「パスポートなどは頻繁に出し入れするから取りやすいところに、、、」と、この考え方は注意が必要です。「取りやすい=盗りやすい」と意識をしましょう。

【注意】チャックを鍵を付けるのはスリ対策になるのか

チャックに鍵をつけると簡単には開けられないですし、警戒しているアピールはスリの標的から外れる可能性もあり得ます。

ですが、注意しておきたいのは旅の途中で「鍵を何度も開け閉めするのがめんどくさい」ことから辞めてしまうケースがあること。これは結構あるあるです。

それにバック下ろしてガチャガチャと鍵を開けているときは無防備で逆に危険。リュックごと奪われてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

まさにこの時のスリの狙いがそれでした、、、

旅慣れた外国人もリュックを使用している

旅行している外国人(西洋人)のカバンを見るとリュックを利用している方は多いです。何を持ち歩いているやらバックはパンパンなイメージです。片方掛けタイプのリュックサックもよく見かけますね。

外国人に関してはカバンに安全性などを考えていないと思います。単純に求めているのは利便性。

日本人がよく利用している「ウエストポーチ」を肩掛けしている方はほとんど見かけないです。

海外旅行の町歩きカバンにはリュックが便利!

ここまで個人的にリュックサックが安全で便利であるという理由を述べてきました。

付け加えるとある程度、使い古したリュックサックの方が良いです。新品のリュックサックは旅慣れてない感じが出てしまいます。海外慣れしていない日本人やアジア人はまずターゲットにされやすいので。

さらには綺麗すぎる服装だと「お金を持ってる感」が出て悪い人が近寄ってくるかもしれないので注意です。

最後はご自身の管理能力・注意力が大切です。

「常に周囲に気を配って危険を察知しているか」ということです。

観光に集中しすぎて周囲の危険な人たちに気づかなかったり、危険な場所に迷いこんでしまったり、バッグを不用意に置いてしまったりしないように注意を配って旅行を楽しんでください。

自宅で英会話を学びたい方へ!

オンライン英会話は、自宅で自分の好きな時間に英会話レッスンを受けられる超便利なサービスです!
レッスンはいつでも受講可能で、英会話教室よりも断然安い!

費用は月5,500〜12,000円程度で、毎日25分のレッスンが受けられます。無料体験レッスンをうまく活用してお得に英会話レッスンを受けてみましょう!





この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【インスタグラム】にて絶景写真を公開中!フォローはこちらから▼
YOCHI(よっち)

海外渡航歴8年・世界一周経験者
24歳まで海外渡航歴ほぼなし
→世界41か国制覇
【戦歴】
西ヨーロッパ周遊
東ヨーロッパ縦断
イスラエル ・ヨルダン
アメリカ西海岸縦断
アメリカ・カナダ主要都市制覇
イギリス・スコットランド縦断
ニュージーランド縦断
英語圏の国・全制覇
オーストラリア東側縦断
ベトナム南北縦断
日本バイク縦断

現在は日本で生活。
海外の旅行の仕方をゆるく発信しています。

旅行準備
オレンジ日誌