【安全対策】海外旅行にリュックサックをオススメする理由【防犯と鍵の必要性は?】

冒険と計画

海外旅行先でどの種類のバック使用するか悩みますよね?
利便性や収納性など優先順位は人ぞれぞれですが、海外旅行初心者にとっては安全性を重視したいはず。

旅行先での荷物が多いので必然的に自分はリュックサックを使いますが、安全性にも長けていると思います。

よく「リュックサックは危険だ!」という記事を目にしますが、いつも納得いかないなぁと思っていました。なぜならこの海外にいた8年間でリュックサックが原因でスリやトラブルに遭ったことがないからです。

ただただ幸運だっただけかもしれませんが、自分ではリュックサックが安全であると自信を持っています。

今回は海外旅行でなぜリュックサックを使うと安全なのか、個人的に思う理由をご紹介します。

リュックサックはとても便利!収納性と利便性が高い!

リュックには物がたくさん入るということは言わずもがなですが、改めてここで定義させていただきます。

旅先での自分の荷物は主に「パスポート」「一眼レフカメラ」「Go pro7」「予備バッテリー」「服(必要に応じて上着など)」「食料(必要に応じて)」「旅先でもらった地図などの紙類」「各種医療品」「サングラス」を常時持ち歩いていました。

一番大きい荷物は一眼レフカメラ。場合によっては替えのレンズも持ち歩いています。

財布はズボンの後ろポケットに、スマホは前パケットに入れているのでリュックには収納していません。
これも個人的には一番安全で便利であると考えた結果です。

このほかに現地で買い物をしたらリュックに収納していました。

自分は「使いたいのに部屋に置いてきてしまった!」という状況を嫌うので必要がなくても「一応持っていこう」と思うタイプの人間です。故に荷物多めでリュック重めで常に旅をしています。

【工夫次第で安全性は高いです】海外旅行にリュックサックをオススメする理由!

スリは何を狙っている?バックか貴重品か?考えられる盗り方は?

ここからリュックサックを使って安全に旅を進める方法をご紹介していきます。

一番最悪なトラブルとして「海外でバックを盗られた」「バックから貴重品を盗まれた」などがあります。いわゆる「スリ」に遭ったというケース。

スリが狙っているのはなんでしょうか?

貴重品を狙っています。リュックサックなどのバックを盗むことは大義ではありません。
高価なブランドバックであれば話は別ですが。

ではリュックサックを背負った方に対してスリはどのような行動とるでしょうか?

収納口のチャックを開ける?のかそれとも前ポケットのチャックを開ける?のか。
それともリュックを強奪するでしょうか?

スリは事件として大きくなることを避けるので「リュックを強奪する 」は考えにくいです。
これはどのバックを持っていても起こり得ることですね。

この場合、おおよそチャックを開けにくる可能性が高いです。

チャックを開けられなければリュックは完全に優位!

ではそのスリがあなたのリュックを見て「ポケットが複数ある」「チャックが開けにくい構造である」「鍵をつけている」場合、どのように思うでしょうか?

リュックサックを見て少しでも「開けにくそうだな」と思わせることができればあなたはターゲットから外れます。気づかれる可能性がありますし、工夫をしているということは警戒をしているという意思表示でもあります。

ちょっとした工夫でリュックサックが安全なバックへと変わるということです。
ここから工夫について詳しく話していきたいと思います。

スリに狙われないために!リュックの前ポケットにはいらないものを!

ほとんどのリュックサックにはメインの収納口のほかに小さな前ポケットが付いています。

スリからまず狙われるのはこの小さなポケット。開けやすく、パスポートやカードなどの貴重品が入っている可能性があります。

ここには貴重品を入れず、適当なものを入れておきましょう。自分は薬や予備バッテリー、ポケットティッシュなど盗られてもいいものを入れていました。

何も入れないよりもごみでもいいので入れておくといいと思います。

前ポケットが膨らんでいて「何かある!」と思わせておいて何もないことが重要です。

貴重品はリュックサックの奥底に!

では貴重品はどこに入れるかというとメインの収納口の奥底に沈めておきましょう。

何か小物を入れるバックにまとめて奥に入れておけばいいと思います。

その上から上着などを入れておくと上から開けられても取りにくいので安全です。

スリがメインの収納口の貴重品を狙った場合、チャック開けて手を入れて何かを取るわけですが、雑多に荷物を入れてバックがぐちゃぐちゃであれば取る気もなくなるでしょうし、そんなにガサゴソしていたら気づかれることでしょう。

自分の場合は一眼レフカメラは重みがあるので盗られたらすぐにわかりますし、バックの中は常に結構ぐちゃぐちゃでした。

チャックは上部ではなくサイドで閉めよう!!

リュックサックはチャックが2つ付いていて双方から開けられる構造が多いです。
その時に2つのチャックを上部で止めずにサイドで閉めるようにしましょう。

上部でチャックを固めた場合にふとしたきっかけでチャックの口が開き、気づかないうちにバックが半開きになる可能性も考えられます。

もちろんですが、その時は口が大きく開いているので取り放題ですね。
チャックの閉め方で事前に予防することが大切です。

チャックに鍵をつける方法もある!

勝手に開けられないようにチャックに鍵をつけるという方法もあります。

ですが途中で鍵を何度も開け閉めするのがめんどくさくなってやめますよね?w

自分は海外初心者のころに鍵をつけたことがありますがしばらくして慣れてきたら途中でやめましたw
これめちゃくちゃめんどくさかったです。

バック下ろして何度もガチャガチャ鍵をいじっている方が危険のような気もしました。

ですが、見せかけだけでも鍵があると防止につながるかもしれません。
キーホルダーのように片方のチャックにつけておいて、なんとなく鍵がかかっているように見せるなど。

大きなバックはそもそも盗みにくいのではないか?という一説

リュックサックなどの大きなバックはどのように盗まれるでしょうか?

考えられるのは「ベンチなどに座ってバックを下ろしたとき」「飲食店でバックを下ろしたとき」「何か荷物を取ろうとして下ろしたとき」など基本的には「バックを下ろした時」に無理やりまたは知らないうちに取られるケースが考えられます。

リュックサックを背負った状態でバックを盗られるのは考えにくいです。なぜなら両肩に腕を通しているのでショルダーバッグよりは盗みにくいはず。

つまりバックを下したときに気の緩みで盗られてしまうかもしれません。
下ろした時こそご注意ください。

外国人観光客もリュックサックを利用している

旅行している外国人(西洋人)を見ると大きめのバックパックを利用していることが多いように思います。

何を持ち歩いているやらバックはパンパンなイメージです。

もしくは片方掛けタイプのリュックサックも見かけます。

外国人に関してはリュックに対して安全性などを考えていないと思います。単純に求めているのは利便性。

そもそも安全対策など海外旅行においてしているのだろうか?w

日本人よりも海外に対して抵抗の少ない外国人は旅行中はTシャツと短パンにランニングシューズを履いてリュックサックを背負って観光します。

1番楽な服装で旅行を楽しんでいるような気がします。

リュックサックが工夫をすれば安全なバック!でも最後は自身の管理能力!

ここまで個人的にリュックサックが安全であるという理由を述べてきました。

加えて使い古したリュックサックの方がいいです。変に新品のリュックサックを使うと旅慣れてない感が出てしまいます。

海外慣れしていない日本人やアジア人はまずターゲットにされやすいです。

ついでにおしゃれで綺麗な服装で歩いていても危険です。「お金を持っていそう」と悪い人が近寄ってくるかもしれません。

ここまで「あれがいい」「これがいい」などと思うことを述べてきましたが、最後はご自身の管理能力が大切です。

「常に周囲に気を配って危険を察知しているか」ということです。

観光に集中しすぎて危険な人たちが近寄ってきているのに気づかなかったり、危険な場所に迷いこんでしまったり、バッグを不用意に置いてしまったりしないように常に周囲に注意を配って旅行を楽しんでくださいね!

あわせて読みたい

自分がアメリカ・カナダを2ヶ月ほど旅をしたときに起こったトラブルと紛失事故です。
マックのハイスペックパソコンが見事に盗まれました。。。。。

防犯対策について考えてみました。失敗から学ぶことは多いです。。。w

冒険と計画
お気軽にSNSフォローをお願いします!【お役立ち情報や更新情報をお届け!】
オレンジ日誌

コメント

タイトルとURLをコピーしました