【海外旅行の防犯対策】スリが狙う危険なバッグはどっち?リュックかショルダーか?

冒険と計画

海外旅行でトラブルは避けたいもの。
常に危機管理をしながら周囲に注意を払うことが必要です。

観光の際にはスリの危険性も考えられ、ふとした気のゆるみで旅行に持ってきた全財産を失うかもしれません。

そうならないためにも旅行で利用するバックはスリに狙われにくいものを選びましょう。

どのバックが良いのかネットで情報を探してみても様々な意見が飛び交っており正解は見つかりません。

今回は自分が世界旅行と海外移住をした経験から海外旅行の際に必要なバックと心がまえをお話したいと思います。

【海外旅行の防犯対策】スリが狙う危険なバッグはどっち?リュックかショルダーか?

一般的な論争になるのはリュックサック派とショルダーバッグ派(肩がけウエストポーチ含む)の争いです。

「こっちが安全!」「こっちは危険!」
などとネットでは両方面から意見が飛び交っています。

荷物が多い人は必然的にリュックサック派!

自分はいつもリュックサックを利用していました。

大きなカメラを持ち歩くことが多く、旅の最中は何かと荷物が増えるのでリュックサックが非常に便利でした。

両肩で背負ってるので無理矢理バックを取られるという心配はありません。

怖いのは知らぬ間にチャックを開けられて荷物を取られるケース。
自分は簡単に開けられる場所には貴重品を入れず1番大きい口の奥底に入れていました。

ポケットの中もやり方次第では安全!

お財布はいつもお尻ポケットの中に入れていました。二つ折り式の財布です。

厚みのあるこの財布をお尻ポケットに入れると常にお尻に財布の感覚があり、盗られたときは違和感が出て気づく考えていました。

カーゴパンツはポケットの上からボタンを締められるのでセキュリティ的には万全です。お尻ポケットの上にTシャツをかぶせてもいいですね

ちなみにオーストラリア留学に初めて行ったときはマジックテープ式の折り畳み財布にしてズボンと紐でつなぐタイプを使っていました。

対策をして狙われにくくするという意味で初級者にはオススメしたい方法です。

ちなみに長財布をポケットに入れるのは絶対やめましょうね。「取ってください」感が満載ですwww

危険を分散?リュックサックのポケットを有効活用

リュックサックの場合、荷物を入れるポケットがいくつかあるため、スリの狙いを分散させることができます。

開けやすい外側のポケットには盗られても良いものを入れ、貴重品は取りにくい場所に入れます。
選択肢を多くすればスリ集団から狙われる可能性も低くなるかもしれません。

「そこに貴重品があるかわからない」「取りにくい場所に貴重品がある」と思わせてスリ集団からターゲットにされないことが重要です。

▼もう少し詳しくリュックサックの安全対策をご紹介しています。これで海外旅行は万全です。

ショルダーバッグや肩掛けウエストポーチが危険な理由

世界を旅してきた自分にとって「肩掛けのウエストポーチ」をかけている人を見るだけで「日本人だな」と思うほど日本人には定番のバックになっています。

ですがこの「肩掛けのウエストポーチ」はスリにとって狙いやすいバックだと思います。なぜならあまり荷物の入らないこのバックは「貴重品の詰め合わせ」だからです。

スリからすれば確実に収穫のある「お宝」。スキを見て小さなバックごと持っていこうと企てるかも、、、

ちなみに肩掛けのウエストポーチで歩く外国人観光客はほとんど見たことないです。

なぜ日本人はショルダーバッグ(肩掛けのウエストポーチ)を好む?

定義が曖昧ですがここでは「ショルダーバック=肩がけウエストポーチ」としてお話ししていきます。

海外に恐怖心を抱く日本人がスリ対策への最強装備として選んだ「ショルダーバッグ」。

なぜ日本人だけがこんなにもショルダーバックが安全だと思い海外旅行の際に利用しているのでしょうか?

おそらく大手旅行会社の人たちがどこからか仕入れた情報をもとにショルダーバックが安全と唱え続けた結果、日本人に広まったのかなぁと個人的に解釈しています。

自分も海外に行き始めたときにショルダーバッグが安全ということを聞いたことがありました。

▼それなのにショルダーバッグを使っていた友人はイタリアでスリに遭いかけました。。。その手口をご紹介。

ショルダーバッグは貴重品のかたまり?

ショルダーバッグはコンパクトで移動にも便利です。ですが、最小限の貴重品を集約させてバックの中にコンパクトに詰め込んだ状態です

つまり狙う方からすると単純明快に「貴重品の詰め合わせ」が狙えるということになります。

先ほども言ったように「 ターゲットにされないことが重要 」です。

その小さなショルダーバックの中に大金がある!と思われればスリから狙いを定められ、トラブルに巻き込まれる可能性は高いです。

ターゲットにされて隙をうかがうためにずっと後ろをついてくるかもしれませんよね?
食事の際に気を抜いて荷物を下ろしたときに持っていかれるかもしれませんよね?

国内旅行では気にしないのに海外旅行になると呪文のように「荷物は最小限に」と唱える方がいます。
「たくさん歩くから」とか「移動しやすいから」などの理由ですが、それは国内旅行も変わりません。

正確には「貴重品は最小限に」です。荷物は多くてもかまいません。
なのでリュックサックにたくさんの荷物と少しの貴重品が入っていても問題はありません。

海外旅行でオススメのバッグはこれ!」みたいなサイトでは何とも小さなショルダーバックが勧められていますが、自分はそれを見ると恐怖心しかわいてきません

もちろん「すべての貴重品を1カ所に入れず分散させなさい!」とか「パスポートはコピーを持ちなさい」などの対応策は必要です(自分はしたことはないです。パスポートも原本をいつも持ち歩いています)

正解はない!個人の危機管理能力が重要!

何が正解かは分かりません。大事なことは個人の危機管理能力です

日本人は特に狙われやすいです。「海外経験が少なくて簡単に騙せそう」というイメージを持たれています。

そして旅行中に周囲を見渡す観察力や注意力が足りていない方も多いので、「地図を見ながら歩いていたらいつの間にか危険な場所に入っていた」「気づかずに歩き続けてトラブルに巻き込まれた」などなど起こりかねません。これは自分に余裕があるか無いかで可能性は変わってきます。

旅行を楽しみつつも危機管理するように心がけてください。

バックに関しても海外旅行では「リュックサック」と「ショルダーバック」、どちらにも利点はあります。

「このバックを持ったから安全なんだ」と思わずに常に万全の対策をして安全でトラブルのない海外旅行にしてください。

あわせて読みたい

自分がアメリカ・カナダを2ヶ月ほど旅をしたときに起こったトラブルと紛失事故です。
マックのハイスペックパソコンが見事に盗まれました。。。。。

防犯対策について考えてみました。失敗から学ぶことは多いです。。。w

Twitter, Instagramにて海外情報や絶景写真、ブログ更新情報を投稿しています。

当ブログを気に入っていただけた方はSNSフォローしていただけると嬉しいです(*^^)v
Twitter(@yochiyochi401) Instagram(yochi.orange

世界40ヶ国を旅して8年間海外生活をしていました。
主にオーストラリアに7年生活し、ドイツで半年仕事したり、その他ヨーロッパ・アメリカ・ニュージーランドを旅人したり。
自分が海外や日本で体験してきたこれまでの経験や情報、体験談をシェアしていくブログ。
海外生活8年間の記録を綴っています。

お気軽にSNSフォローをお願いします!【お役立ち情報や更新情報をお届け!】
冒険と計画 最初に読みたい12記事
お役に立ったらシェアをお願いします
お気軽にSNSフォローをお願いします!【お役立ち情報や更新情報をお届け!】
オレンジ日誌

コメント