\世界の絶景写真を【インスタグラム】で公開中/

【体験談】海外旅行で起こったトラブルの事例と回避方法!

旅行計画・準備の仕方

海外旅行では様々なトラブルが起こります。貴重品が盗難や紛失したり、入国審査でつまづいたり、泊まった宿で事件が起きたり。

自分では気を付けていてもトラブルに巻き込まれる可能性もあり、何が起こるかわかりません。

自分は世界40カ国を旅して様々なトラブルに遭遇しました。その時に役に立ったのは情報です。

事前知識を持ってそのトラブルに遭遇すると落ち着いて対応することができます。
お金を持った旅行者には悪い人も近づいてくるので万全の準備をして海外にいきましょう。

今回は自分が体験した海外旅行中に起こったトラブルの事例と回避方法についてご紹介します。

【体験談】海外旅行で起こったトラブルの事例と回避方法!

旅行中に起こった主なトラブルがこちら。

  • バックパッカーズホステルでの盗難事件
  • バックパッカーズホステルで困る出来事
  • 観光地で起こったトラブル
  • 飛行場・入国審査でのトラブル
  • 旅行中に起こったスリ被害のトラブル

▼これらを解説していきます。

バックパッカーズホステルでの盗難事件

海外で安い料金で宿泊できるユースホステル(バックパッカーズホステル)は低予算で旅行を楽しみたい方にとって嬉しい宿ですね。

ホステルのドミトリー部屋は4人から12人程度の人数が2段ベッドのある一部屋に泊まります。自分は世界40ヵ国を旅して、ほとんどの宿がドミトリー部屋のホステルです。共同部屋はさまざまな出会いもありますがハプニングもあります。

自分はそこで「パソコン」を盗まれました、、、

その他にも財布を盗まれたケースもあります。すべて自己責任なので注意しましょう。

貴重品は必ずロッカーに鍵を付けて管理をしましょう。

バックパッカーズホステルで困る出来事

共同部屋なので仕方のないことですが、ルームメイトによっては「いびき」に悩まされることはあります。

どうすることもできないので自分自身での対策が必要です

あまりにも不潔なホステルでは「南京虫」が繁殖することがあります。東南アジアの低価格で泊まれる宿に多く見られ、一度かまれると不眠症を併発するほどの強いかゆみが1か月は続きます。

タイで宿探しをしていた時に見学したホステルに実際の「南京虫」を見て震えあがりました。

安い宿には注意が必要です。予約の際にレビューは確認しましょう

観光地で起こったトラブル

観光地には悪い人もたくさんいて何も知らない旅行者をだましてお金を取ろうとしてきます。

例えば、ある観光地には人気キャラクターに扮したコスプレイヤーがいて、記念写真を一緒に撮影すると終わりに「チップ」を要求してきます。それも高額な値段。

1人にあげるとほかのコスプレイヤーも集まってきて「たかり」のような状況に。純粋に写真を撮りに行ったら最後には嫌な気持ちになります、、、

アメリカだとハリウッドやタイムズスクエア。ヨーロッパだとドイツにもいましたね。自分は初めてのヨーロッパのときにまんまと騙されました。。。

ハリウッドで遭遇したコスプレイヤーです。ここでもうっかり騙されかけました。。。

飛行場・入国審査でのトラブル

ニュージーランド入国の際にチェックインカウンターで搭乗拒否をされました。入国チケットだけではなく出国チケットも必要でした。

オーストラリアでは出国チケットがなくても入国できます。アメリカは出国チケットが必要。国によって規則が違うので事前にチェックしておくことが必要です。

なんとか飛行機に乗らなくてはいけなかったのでその場で対処に追われました、、、

様々な国を旅していると入国審査でよく躓きます。。。怪しい人物に見られ、「目的は?」「旅行です」のやり取りだけでは通過させてくれません。

日本のパスポートは最強!とか信頼ある!とか誇らしげに言われますが、人単位でみるとそれほど信用がないことを感じます。

長いこと入国審査で質問攻めに遭いました。。。

旅行中に起こったスリ被害のトラブル

海外旅行で気を抜いていると思わぬ盗難被害に遭います。 元気な時はいいですが、疲れてくると注意力が散漫になってきますね。そんな時にトラブルが起こる!と、意識をしておくように心がけましょう。

CHECK

どこまで緊張感をもって行動できるか、時間に余裕を持って旅を進めるかが大事になってきます。

疲れた時は休む!というのも大事なことです。

イタリアではバスの中でスリに遭いかけました。知らぬ間にバッグが開けられていて、、、

ドイツではバッグに液体をかけられる新手の手口のスリに遭いました、、、

スリに遭わないための心構え

旅行中、財布やスマホ、カメラなど貴重品を必ず持ち歩くはず。
常にだれかに狙われているとの意識を持ちましょう。

以下のことには注意しておきましょう。

  • 見知らぬ土地に来てオドオドしない。
  • 下を向いて歩かない
  • 事前知識・準備は万全にしておく
CHECK

スリのターゲットにされないことが大事です。

海外旅行に慣れていなくても堂々と行動しよう

海外旅行に慣れていない人はもちろん狙われやすいです。
なぜなら注意力が散漫で危機感も察知しにくいからです。

ガイドブックに集中しすぎて周りの景色が見えていなかったり、逆に不自然にきょろきょろしたり、おどおどしたり。

それより何も知らなくても、目的を持って堂々歩いている雰囲気を出すと狙われてにくいです。

日本の街中を見ても「この人は観光客だな」って雰囲気でわかりますよね?

POINT

なんとなくここは危ないとか、雰囲気がおかしいなどは察知できる余裕は持っておきましょう。

スリ被害に遭いにくい街歩き用カバンとは?

海外旅行で慣れない街を歩くときに無防備な格好ではスリの標的になります。その時に自分の所持品を入れるカバンは何を利用するかが大事です。

よく聞くのはリュックサックとウエストポーチ(ショルダーバッグ)はどちらが安全かという論争です。

安全面と機能性も考えて旅行バックを選びましょう。

個人的にはリュックサックをお勧めします

海外保険の必要性

海外保険は重要です。海外旅行という非日常では何かトラブルが起こる想定で保険に加入しておきましょう。クレジットカードに付帯された海外保険でも内容によっては問題ありません。

自分は旅行中にパソコンを盗まれましたが、海外保険に入っていなかったので大きな損害となりました。

POINT

それでも貴重品の紛失程度ならいい経験で終わります。事故に巻き込まれたら最悪です。

常に警戒心を持って観光をするようにしましょうね。