yochiを支援する 初めに読みたい12記事

NZ旅行記☆ミルフォートサウンドへの行き方 テアナウまで byレンタカー

ニュージーランド縦断旅
クイーンズタウンからテアナウまでレンタカーで移動した時のお話。
 

ミルフォートサウンドとは!?

ラドヤード・キップリングが「世界8番目の不思議」と記述したミルフォード・サウンドの地形は、遠い昔の氷河で削られてできました。濃い色の深い海からほぼ垂直に突き出す崖の上にはいくつもの峰が並び、最大落差1000mにもなる滝が流れ落ちてきます。晴れの日も雨の日もそれぞれに美しく、特に雨の後の滝は水かさが増して、雄大な風景をいっそう迫力あるものにします。

テアナウとは

ミルフォートサウンドに行く途中に立ち寄るテアナウ湖の湖畔にある小さな町。
大抵ミルフォードサウンドに行く人は行きか帰りにここへ一泊するのが定番ルート。
 
自分はクイーンズタウンでレンタカーを借りてテアナウで一泊。次の日の早朝にミルフォートサウンドに出発し、10時の予約していた2時間のクルージングへ向かいました。
 

遠い、、、

クイーンズタウンからテアナウまで2時間とナビは示していますが、実際4時間くらいかかりました。途中ランチ休憩や景色のいい湖畔で休んだためですが、ニュージーランドを楽しむ意味でも寄り道して行くほうがいいと思います。
自分はデヴィルズ・ステアーケースという途中でドローンを飛ばしていました。クイーンズタウンから30分くらい離れたところ。
ここがちょうどドローン禁止エリアから抜けてワカティプ湖が綺麗に写せるLook out があります。
そのあとアソル(Athol)というところに美しい木製の橋が架かっていてカッコよかったのでそこでもドローンを飛ばし、持ってきたおにぎりをそこで食べました。眺めも良くてニュージーランドらしさがあります。
そのあとはもう一度休憩を挟んでそのままテアナウへ。到着したのは3時
 

時間が余った。。。のでマナポウリ湖へ!!

夕方より太陽のある日中がミルフォートサウンドは綺麗ですので無理していかなくていいと思いました。
 
9月に行きましたが日の入りは6時半くらい。まだまだ明るい。
 
テアナウ湖を眺めても時間が余ります。
しかも曇っててなんとも言えない。。。
 
調べると近くにマナポウリ湖というもう一つの湖が15分ほどであるのでそっちに行ってみました。
こっちはダウトフルサウンドというミルフォートサウンドに似た地形があるらしくそちらのツアーで有名みたいです。
こっちは一泊とかのツアー。簡単に行けない場所なので値段もお高め。高齢のゆっくり旅をされる方に好まれるようです。
 
湖でまたドローン飛ばしました。湖には誰もいない、、、
小さい町ではありますが町にもあまり人がいないような、、、
 
テアナウへの帰り道、Rainbow Reachといあ看板があったので行ってみました。
長い砂利道を車を傷つけないように丁寧に進むと綺麗な川と吊り橋があります。ここからトレッキングコースがあるみたいですね。
橋からの眺めは結構綺麗。
グーグルで見ると道の途中にLook outのポイントがあります。
この抜け道みたいなとこを通ります。
 
テアナウからマナポウリへと流れる川みたいです。
結構迫力あって綺麗でした。
 
今回泊まったのはテ・アナウ・レイクフロント・バックパッカーズ – BBH。
元々モーテルだったのかな?
とても綺麗です。ドミトリーは小さい部屋に二段ベッドを3つ詰め込んでいるので狭い。
ネットは素晴らしいです。
 
チェックインを済ますと買い出しへ。
今回はFresh choiceというスーパー。バッパーで料理をしてリビングで調べ物をして就寝。明日のミルフォートサウンドへ備えます。
 
ミルフォートサウンドへは1時間40分ほどかかります。でもそれは直線で行った場合。実際、立ち寄るところが多いミルフォートサウンドへの道中は4時間かかると言われます。
10時のクルージングは30分前集合でミルフォートサウンドまで3時間はかかるとみて6時半に出発ということにしました。
 
次回はミルフォートサウンドまでの道のり編です。

コメント