yochiを支援する 初めに読みたい12記事

NZの世界遺産!【マウントクック国立公園への行き方紹介】氷河が見れる観光名所

ニュージーランド縦断旅

ニュージーランド縦断旅は南島をミルフォートサウンドからクライストチャーチまでレンタカーで駆け抜けます。

「ワナカ」にて「ロイズピーク」のトレッキングを終えた翌日、マウントクック国立公園へと移動しました。

ワナカからマウントクック国立公園まで2時間半ほどの距離にありますが、途中にも見どころが多く、スーパーマーケットでの買い出しもしていたら、4時間以上かかりました。

今回はマウントクック国立公園への行き方とその近郊の見どころをご紹介します。

今回のブログ内容はこちら↓↓

  • マウントクック国立公園への行き方
  • 最寄りの町「トワイゼル」で買い物
  • エサやりもできるサーモン養殖場
  • プカキ湖の絶景ポイント
  • ドローン撮影ポイント紹介

NZ世界遺産!マウントクック国立公園への行き方紹介!

レンタカーもしくは長距離バスを利用して移動しよう!

自分は今回レンタカーを借りて南島を縦断しましたが、クイーンズタウンからクライストチャーチへは長距離バスも走っています。

うまく利用すればレンタカーよりも費用を抑えることが出来ます。

長距離バス会社!インターシティとクックコネクションをチェック!

インターシティはニュージーランドの各都市を結ぶ長距離バスです。
テカポ~マウントクック~ワナカもしくはクイーンズタウンへのルートでも移動できるので南島観光には便利です。

クックコネクションはマウントクックとテカポとトワイゼルという最寄りの町を結ぶバスです。
テカポ~マウントクック~トワイゼルへ移動して、トワイゼルからインターシティのバスでワナカもしくはクイーンズタウンなどのルートも組むことができます。

テカポ湖からマウントクック への行き方

テカポ湖から1時間15分ほどの距離にあるので観光ルートとしては1日で両方行くことができます。

昼間にマウントクック国立公園を巡って夜はテカポで星空を鑑賞するのもおススメ!

テカポ湖についてはこちらをご覧ください↓↓
行き方と散策してきた様子を紹介しています!!

クライストチャーチからマウントクック への行き方

クライストチャーチからマウントクック まで4時間ほどかかります。

このルートで来られる方は途中のテカポ湖で一泊して星空を見てから翌日のマウントクックをトレッキングして帰るのもいいと思います。

星空を見ない方はマウントクックで一泊するのがオススメ。

クイーズタウンからマウントクックへの行き方

クイーズタウンからマウントクックへは3時間15分ほどで行くことが出来ます。
クライストチャーチよりも距離は短いです。

クイーンズタウンは冬の時期はスキー場も有名です!
すべてレンタルで$200ほどでツアーが組まれています!

スノーボードをしてきた様子はこちらをどうぞ↓↓

時間があれば途中の「ワナカ」へ一泊してほしいです。
トレッキングで有名でニュージーランドの観光本の表紙を飾る景色が見れます。

実際に行ってきたのでこちらもご覧ください↓↓

マウントクック国立公園近郊の見どころ

トワイゼルのスーパーマーケットで買い出し

トワイゼルのスーパーマーケットがマウントクックの最寄りのショッピングできる場所です。

ここからはテカポ湖へ行くまでスーパーはないですし、レストランもないのでマウントクックで一泊される方は必ず買い出ししてからいきましょう。

観光案内所もあるので情報収集も欠かさないように。

トワイゼルは小さなショッピング街となっていてスーパーマーケットのほかにカフェやレストラン、雑貨、洋服などが売られています。

子供用の公園もあります。

南アルプスも見えてきました!

4four squareマーケットは南島には多く展開しています。

なぜか同じ町に二か所ある 4four squareマーケット

スーパーでポテトチップスを購入したのですが、これむちゃくちゃうまい!
ニュージーランド産のジャガイモらしいです。

見つけたら是非食べてみてください。

エサやり体験ができる!サーモン養殖場

ワナカ方面から車でマウントクック国立公園に向かうとサーモン養殖場が道路沿いに見えてきます。
なにもない道をひたすら走っていくと突然現れるのですぐわかります。

サウスランドのエリアにあるこのサーモン養殖場で使われている水は淡水で、南アルプスの雪解け水です。
テカポ湖やプカキ湖と同じものです。

建物内には朝8時から6時まで営業しています。
>>>公式サイトで地図を確認<<<

カフェスペースがあり、取れたてのサーモンがここで食べられます。

養殖場で取れたサーモンなのでどれも新鮮です。

半身で売られているものや1匹まるごと売ってたりします。

相場をよく知りませんがやすいみたいです。

調理されたサーモンですが試食もありました。

エサやりも体験できる!

1人ひと箱、無料で養殖場のサーモンにエサやりができます。

いけすが2か所ありました。

エサをやると飛びついてきます。いけすに何匹いるのかな?
うじゃうじゃいました。ブクブクなサーモンです。

隣にあった湖でドローンを飛ばしてみました。
ミルキーブルーの雪解け水はマッケンジー盆地にある湖を同じものです。
テカポ湖やプカキ湖、オハウ湖と同じです。

プカキ湖の絶景ポイント

プカキ湖を一望できるポイントがあります。プカキ湖もテカポ湖と同じく氷河が溶て出来た湖ですのでとても美しい湖です。>>>詳細地図はこちら<<<

個人的にはこっちの方が好きです。眺めが素晴らしい!
奥まで広がる湖とニュージーランドのアルプス山脈であるアオラキ山脈(マウントクック )が見渡せる場所です。

この場所にもサーモンの直売所がありました。

ニュージーランド南島の先住民の歴史が展示されています。

「タールTAHR」と呼ばれる動物の銅像

プカキ湖の裏側の絶景ポイント!

先ほどのプカキ湖の絶景ポイントの裏側に川が流れています。
この場所もきれいなのでぜひいってみてください。

ミルキーブルーの川を見ることができます。
プカキ湖の水がここから下流に流れていきます。

釣りをしている方も多かったです。

ドローンも飛ばしてみました。こんな色をした川を見たことがないですね。

マウントクック国立公園へ行く途中のドローンポイント

マウントクック国立公園へ行く途中にもドローンを飛ばせました。
国立公園はドローンが禁止なのでこの場所がギリギリラインです。

奥にそびえたつのがクック山です。
風が強かったので高く飛ばすことはできませんでした。

テカポ湖でもドローン撮影ができる!町の外れが許可エリア!

テカポ湖の街中はドローン飛行は禁止です。
それ以外の場所は基本的にドローン飛行可能でした。

ニュージーランドのドローン飛行可能エリアはこちらのサイトで確認できますので必ず確認してください。

マウントクックの途中も見どころ多い!

クイーンズタウンからマウントクック 国立公園へ行く途中も見どころが多いので時間には余裕を持って行きましょう!

ミルキーブルーの湖はテカポ湖でも見れますが、このルートにある湖の方が見やすいですし、ドローンを飛ばす場所もありました。

マウントクック国立公園には食べる場所がないのでトワイゼルかテカポ湖のスーパーマーケットにて買い物は必ず済ませて行きましょう。

今回利用した宿はこちらです↓↓安いしきれいで超オススメです!

この後の旅の予定

昼ごろワナカを出発して、夕方にマウントクックへ到着。
翌日雨模様だったので晴れるまで待って、昼ごろマウントクックのフッカーバレートラックをトレッキングしました。
その後、テカポ湖で一泊です。

テカポ湖観光に1人旅でもオススメの格安の宿があるのでこちらも参考にしてみてください↓↓

ニュージーランド旅行の参考にしてみてください。

コメント