\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【レンタカーの借り方は?】ニュージーランドの料金相場と保険・乗り捨て方法紹介

ニュージーランド縦断旅行記

ニュージーランド旅行に来たら広大な大地を自由に行動して大自然を楽しみたいですよね。それにはレンタカーは最適です。

各観光名所を巡るバスでは時間がかかりますし、ツアーでは料金がかかります。

ニュージーランドはレンタカーを安く借りられる国ですので1人で借りてもそれほど大きな負担にはなりません。自分は南島をレンタカーを使って1週間ほど旅行しました。

それでも海外でのレンタカーを借りるには不安があると思います。そこで今回はニュージーランドでレンタカーを借り方と料金、注意事項、実際の費用をご紹介します。

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

【レンタカーの借り方は?】ニュージーランドの料金相場と保険・乗り捨て方法紹介

【レンタカーの借り方】簡単予約!オススメ比較サイト

ニュージーランドでレンタカーを借りるなら

Rentalcars.com|楽天トラベルと提携
※世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来ます。

RentingCarz|世界最大級のレンタカー予約検索エンジン
※大手レンタル会社22社を一括して価格比較できます。

【関連記事】ニュージーランドのレンタカーの借り方と料金相場

【ニュージーランド】レンタカー予約で付帯すべき保険と種類

レンタカー保険は上記予約サイト「EasyRentCars.com」が提携している保険会社を利用することをお勧めします。レンタカー会社で保険を加入するよりも費用を安く抑えられ、事前に保険内容を確認できるので安心です。

1日1,086円追加すれば免責額が0になる「万全プラン」に加入できます。道中でのトラブル時に「道路救助(ロードサービス)」にも対応しています。

ニュージーランド保険内容の解説

強制対人・対物保険(TPL):
お客様または追加運転手をレンタル中に車両を使用したことによる死亡、けが、または物的損害について、他の人からの申し立てから保護されます。

車両損害免除制度 (CDW):
レンタカーが破損した場合の費用をカバーします。 (これは通常窓、ミラー、シャーシまたはタイヤを含みません。)

車両盗難保険(TW):
レンタカーが盗まれた場合の費用をカバーします。

事前に保険に加入しておけば営業所での英語のやりとりも減らせてスムーズです。

【ニュージーランド】いくらかかる?レンタカー料金と相場

レンタカー料金は車種は借りる場所、日時によって変化しますが、参考として何もない平日に2泊3日で一番安いコンパクトカーを借りた際の料金をご紹介します。

貸し出し場所:クイーンズタウン空港
車種:トヨタ・ヤリス(5人乗り)
貸し出し日時:火曜10時~木曜17時

料金:
標準プラン(保険なし)3,392円
万全プラン(保険あり)7,268円

最安値のレンタカー会社の料金ですが、高くてもこの2倍ほどの値段で借りられると考えてよいでしょう。
▼希望日の料金検索はこちらから

【ニュージーランド】レンタカー乗り捨て料金

ニュージーランドではレンタカーを乗り捨てすると効率よく観光ができます。特に南島ではクライストチャーチ~クイーンズタウン間をレンタカーで移動し、どちらかで乗り捨てる旅行が人気があります。

参考として先ほどと同じ設定で返却場所を変更した際の料金をご紹介します。

貸出場所:クイーンズタウン空港
返却場所:クライストチャーチ空港
車種:トヨタ・ヤリス(5人乗り)
貸し出し日時:火曜10時~木曜17時

料金:
標準プラン(保険なし)6,730円
万全プラン(保険あり)10,605円

乗り捨てをしても3000円ほどの違いですね。では貸出場所と返却場所を逆にしてみます。

貸出場所:クライストチャーチ空港
返却場所:クイーンズタウン空港
車種:トヨタ・ヤリス(5人乗り)
貸し出し日時:火曜10時~木曜17時

料金:
標準プラン22,620円
万全プラン26,495円

レンタカー会社は変わりますが、大幅に値段が上がっています。この理由はクライストチャーチ空港側からクイーンズタウン方面に乗り捨てる方が多いからのようです。なのでその逆ルートは格安でレンタルできそうです。

クイーンズタウンからクライストチャーチへの乗り捨て料金は安い

▼希望日の料金検索はこちらから

関連図書



kindle unlimitedを活用して旅行ガイドブックを無料で購読!

kindle unlimitedは、「るるぶ」や「まっぷる」などの旅行ガイドブックが月額980円で一部読み放題です。ガイドブックを1冊買うよりも断然お得!

最初の30日間は無料でお試しできるので、旅行中だけ契約して旅行後に解約しても問題ありません。電子書籍はお持ちのスマホやタブレットで購読できます。

✔ガイドブックを買うより安い
✔30日以内の解約なら一切お金はかからない
✔いつでもキャンセル可能
✔旅行先に書籍を持ち運ぶ必要がない
✔読み放題対象書籍は200万冊以上

詳細は➡kindle unlimited公式サイト

\30日以内の解約ですべて無料!/

✔初回30日間無料
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【ニュージーランド】レンタカー予約に必要なものと注意点

レンタカー予約に必要なものは?国際免許証?

レンタカーを予約したら当日現地の営業所で手続きをします。
レンタカーを借りる際に必要なものはこちらです。

借りる際に必要なものは「EasyRentCars.com」の予約サイトに掲載されています。国際免許証も必須ですが、日本の免許証も必ず持参してください。国際免許証だけでは有効ではありません。

手続きの際に必要なもの
  • 日本の運転免許証
  • 国際運転免許証または免許証の英訳文
  • クレジットカード(VisaかMaster)
  • パスポート

ニュージーランドでの運転にカーナビは必要?

通常のレンタルであればオプションは必要なさそうです。

ネット接続した「グーグルマップ」が利用できれはばカーナビは必要ないでしょう。海外のカーナビは英語ですし、1日単位で料金がかかるのでシムフリー携帯などを使って現地でのシムを購入した方が安いです。

携帯を持ちながらの運転は危険ですので必ず「アタッチメント」を持参しましょう。

冬場はスノーチェーンが必要かも

ニュージーランドの南島では冬場に雪が積もる可能性があります。そのため走るルートによっては「スノーチェーン」のレンタルが必要です。

冬場の旅行では事前に積雪情報を調べておきましょう。営業所の方に聞いても情報を教えてくれます。

希望日の料金検索はこちらから

レンタカー会社・返却場所によっては無人返却が可能

飛行機等の関係で早朝にレンタカーを返却したい方は営業所の指定駐車場に止めて鍵を返却ボックスに返せば返却手続きを終えることができます。

クライストチャーチ空港に朝5時に返却し、後日メールで返却終了の通知が送られてきました。何か問題があった場合はメールで通知後にクレジットカードから追加分の引き落としが行われます。

【注意】ニュージーランドでの車中泊事情

ニュージーランドでは基本的に車中泊が禁止です。キャンピングカーであっても指定されたキャンプエリアに停泊しなくてはいけません。

指定エリア以外での車中泊が見つかった場合の罰金は高額ですのでやめましょう。

ニュージーランドのホステルは料金が安いです。最安値ホステルで2000円以下の場所もあるので車中泊にこだわらず積極的にホステルを利用するのがベターです。

実際にかかった1週間のレンタカー費用

クイーンズタウン市内のレンタカー営業所で車を借り、クライストチャーチの空港へ返却しました。

期間:7日間
車種:トヨタカローラ
料金:NZ$180≒12270円(2019年12月現在)

時期も良かったですが、一週間借りてこの値段は破格だと思います。ニュージーランドではレンタカーを利用して充実した旅行にしましょう。

レンタカーを借りて南島を巡るオススメモデルコースはこちらの記事をどうぞ。

【関連記事】ニュージーランド観光名所